小児歯科・床矯正治療に取り組むあまり歯科
ブログ

床矯正

床矯正(予防矯正)を始めた理由

歯科医師としてさまざまな治療をするうちに、「既に虫歯になった歯の治療」は、虫歯の原因となっている、様々な要因に対してのアプローチかなければ患者さんの本当の健康はないということに気が付きました。

ある程度それらの治療に習熟したあとは、虫歯の予防や正しい咬み合わせなどに取り組んできましたが、どんなに予防や食生活などを改善しても、虫歯になり易い歯並びや不正な咬み合わせがあっては、根本的な予防は難しいと感ずるようになりました。

しかしながら、私たちが学生時代に学んだ矯正治療というのは、乳歯が永久歯に生え変わるのを待って、それから歯を移動するためのスペースを作るために永久歯を抜いて、ワイヤーやブラケットと呼ばれる歯の表面に接着させる金属の装置で治療するというものでした。

その治療方法は、どちらかという矯正治療の専門医が行うもので、臨床医が誰でも出来るという治療方法ではありませんでした。

ですから、私が歯医者になったすぐの頃は「まだ乳歯ですから様子を見ましょう」と説明したり、矯正治療の専門医を紹介したりの繰り返しでした。

学校や塾、部活などの関係や予算的な関係で、結果的に軽度の歯並びのズレの場合は経過観察となるケースが多く、そういう子供達の中には自然に正常な歯並びに成長していくケースとそうでないケースとがありました。

後者の場合でも子供たちは、一生懸命に虫歯予防に通ってきますが、中にはますます歯並びが悪くなっていくケースも現れます。

せっかく虫歯を予防出来たのに、結局は中学生くらいになってから歯を抜いて矯正するということはとても悲しいことに思われてなりませんでした。

何もせずに、ただ悪くなっていく歯並びをただ見るだけでよいのだろうか?

自然に正しい歯並びをに誘導するのも予防歯科ではないのだろうか?
そう思い始めて、何か良い方法はない者かと試行錯誤の毎日が続きました。

そしてある時、床矯正治療を専門になさっている鈴木先生と花田先生に出会うことができ、予防矯正、床矯正という治療方法にたどり着くことが出来ました。

この治療方法は、子供達に対するストレスや費用の面からも、お母さんが「うちの子の歯並びがヘンかな?」と思った時が治療開始のタイミングですと言えるほど始めやすい治療方法です。

実際、当院では永久歯の前歯が生えそろった7歳ぐらいから治療開始する子が一番多いです。

受け口やアゴがずれているなど顔の成長に大きな影響を与えるようなケースは4歳ぐらいから治療開始することもありますので、お子様の歯並びに心配がある場合は、まずはご相談頂ければと思います。

床矯正とはどんな治療方法でしょうか

取り外し式の装置でアゴを拡げて、きれいな歯並びに!

正しく咬んで、きれいな顔・かっこいい顔になりましょう!

アゴを拡げて歯を並べる画期的な矯正治療です。(ヨーロッパからの矯正治療)

アゴを拡げて歯を並べる

ごく簡単に説明すると、床矯正は、顎を広げ歯の並びを整える歯列矯正のことです。

文字通り歯の土台である顎と歯並びの治療です。

 「曲がって永久歯が生えてきた!」
 「アゴが小さくて歯が入りそうにない。」
 「受け口で前歯が逆になっている?」

たいてい一番最初に歯並びの異常に気付くのはお母さんです。

歯並びの異常に早く気付き、早く治療をすれば意外と簡単に治せるのです。逆にそれを放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。

当院では、従来のブラケットをつける矯正治療は苦痛とストレスを与えてしまうのではと考えています。

歯を抜かずに自然な歯並びに誘導していくこの治療方は子供たちにはとても適した方法と考えています。

一方、床矯正は取り外しが自由にできるので、歯並びを早い段階で予防的に治すことが可能となります。

基本的に顎を広げる矯正なので成長期の子供に向いている治療方法です。

ただ、自由に取り外しができる点は、子供さんやお母様方の努力も重要なポイントになります。

また比較的費用が安いのも大きなメリットです。

他医院で100万円掛かるといわれた治療でも、当院では30万円程度で治療可能というケースもありました。

床矯正のメリット

床矯正のメリットはそれだけではありません。

少し難しい話になりますが、一般的には、歯並びの治療には2種類あると言われています。そのひとつは、バイオセラピー(生物学的機能療法)と呼ばれる、歯並びが悪くなった原因を解決すること、つまり

食事の改善
 指しゃぶりなどの悪習慣の改善
 姿勢や呼吸などの生体バランスの改善

などにより、ある意味の自然治癒力では並びを治そうという考え方です。もうひとつは、機械的に歯並びを治す治療方法で、取り外しが出来る装置だけでなく、従来型のブラケットと呼ばれる固定式装置を使った治療方法です。

当院では、取り外し、固定式にかかわらず、機械的な装置は矯正治療の補助的な手段で、最も大切なのはバイオセラピーだと考えていますので、子供達に負担の少ない床矯正治療は、このバイオセラピーを進める上でも都合の良い治療方法です。

なぜ歯並びが悪くなったのでしょう

ガタガタの歯並びの原因の多くは歯が生える場所が足りないことです。つまり、アゴの成長不足によるものがほとんどです。

歯並びはもちろん大切ですが、歯は並びよりも正しく使うことが大切です。正しく使えばアゴが正しく成長し、歯が並ぶ場所があれば歯はきれいに並びます。そして一番大切なのは正しく咬むことで顔が正しく成長することなのです。

当院では成長期の子供の場合、永久歯は抜きません。抜歯すると萎縮した顔がもっと萎縮してしまうからです。歯が並ぶのに必要なアゴの大きさに成長することの方が自然だと考えています。

また、歯並びが乱れる原因は本当に色々ですが、その中でも気付きにくいものをいくつかご紹介いたします。

悪習慣とは

インターネットや矯正治療の書籍などで必ず言われていることに、いわゆる悪習慣というものがあります。

悪習慣の中でも、特に気を付けたいのが「ものを飲み込むときに舌を出してしまう癖」です。

これは殆どのお母さん達が気付いていないもので、院内で説明するときでも、「気付きませんでした」「知りませんでした」という反応が殆どです。

どういうことかと言いますと、ものを飲み込む時に舌を上と下の歯の間に押しつけて、口のまわりの筋肉の一部しか使わずにモノを飲み込んでしまう癖です。

このクセがあると舌の圧力で前歯が開いてしまったり、奥歯では咬まずに前歯と口元だけでチュバチュバと赤ん坊がクチを動かしているように見えます。

この悪習慣を早期に発見するコツは、食事中に舌が見え隠れしているかどうかです。

もう一つの兆候は、モノを飲み込む時に下唇の2センチ位下の「梅干し模様」と呼ばれる部分が目立つことです。

その他、気になる生活習慣としては、柔らかな食事中心の軟食生活や、咬む回数の減少によるアゴの成長不足、ジュースやミルクを飲みながらの流し込みなどがあります。

これらの生活習慣はあごの発育が悪くなり、また食事中の姿勢が猫背になったり、またその結果がさらに猫背の原因となる悪循環となったりします。

当院では成長期の子供の場合、永久歯は抜きません。抜歯すると萎縮した顔がもっと萎縮してしまうからです。歯が並ぶのに必要なアゴの大きさに成長することの方が自然だと考えています。

歯が生えるスペースが足りないので歯ならびが悪くなるのです。ガタガタ歯並びはあごの成長不足の結果です。口が開いていると前歯が前に出てしまいます。

歯並び

◇ 歯は並びも大切ですが、それよりも使うことの方がもっと大切です。
◇ 歯を正しく使うことによってアゴを含む顔が発育します。
◇ 顔が正しく発育すれば歯は正しく並びます。

顔の成長は6才までに80%が完了します。

顔の成長は6才までに80%が完了

顔の成長は6才までに80%が完了します。
6才から10才までは成長が減速します。
10才から2回目の成長スパートが始まります。
女の子は14才、男の子は17才まで成長します。

歯並びが悪くなる原因の多くは6才までのアゴの成長の不足なのです。永久歯が生えてくる場所が足りなくなってしまったのです。永久歯の本数が増えるにしたがって歯並びは乱れてしまいます。成長が足りないまま歯が生えてしまうと、歯並びはガタガタになってしまいます。正しい成長に追いつくように治療してあげる必要があります。

矯正治療の流れ

当院の矯正治療の流れを説明します。

検査と治療にたいする考え方の説明

【写真とレントゲン検査】

口腔内写真、顔写真、全身写真
レントゲン撮影
全体レントゲン(パノラマ撮影)

【咬み合わせ検査】

咬合力検査(オクルーザー)
口唇圧(リットレメーター)

【型採り検査】

型採りのトレーニング
歯並び模型作成

これらのすべての検査を行うわけではありません。

歯並びの具合やお子様の年齢や症状により、必要最小限の検査だけを行います。
必要な検査の後、検査結果と治療方針の説明をします。
検査と説明で1時間ほどかかります。

【バイオセラピー治療】

バイオセラピー(生物学的機能療法)と呼ばれる歯列不正の原因を解決する治療、つまり
食事の改善
指しゃぶりなどの悪習慣の改善
姿勢や呼吸などの生体バランスの改善

などはこの日からスタートします。

別途、歯科衛生士あるいは指導担当の者から説明いたします。

【矯正装置について】

検査から2~3週間で矯正装置が出来上がります。
取り外しの出来る床装置の場合、外したあとの取り扱いや、ご家庭でお願いする微調整などが大切なポイントとなりますので、時間を取ってご説明をします。
床矯正治療は、当院とお子様、ご家族のチームプレイで完成するモノなので、しばらくの間、皆で一緒に頑張って参りましょう。
食事の時、歯磨きの時、学校の授業のうち、話したり歌ったりするときは装置をはずします。
そのほか時間は出来るだけはめるようにします。寝ている時も装着します。

●拡大床装置ネジがついている装置のことで、ネジで少しずつ装置の幅を拡げながらアゴを拡大していきます。
ネジは5mmぐらいまで広がりますので、アゴを適正な大きさに拡げたり、前歯や奥歯を動かしたりして、歯が並ぶスペースを作ります。
アゴの成長に合わせて何回か作り替えを行いますので、6ヶ月以内に巻き切るのが目標です。

●閉鎖型床装置

歯が並ぶスペースが出来た後に、歯の並びを整える装置です。

●機能的床装置

舌を咬んでいるなどの歯並びに影響する癖を治したり、呼吸や発音などのお口の機能を改善するために使用します。
●ムーシールド

乳歯からの受け口の治療に使います。舌の位置と唇の筋肉を整えることで、受け口を改善します。当院では3~6才のお子さんに使っていただくことが多いです。寝てる時のみ装着します。

【矯正治療の管理】

2~3ヶ月ごとに装置の使用状況をお聴きして、床矯正装置の状態を調べたり、食生活や悪習慣についての指導をします。

また虫歯と歯ぐきのチェックをして、歯石や歯垢をきれいに取ったりの処置も行います。
床矯正治療の期間中に虫歯が出来てしまわないように、みんなで一緒に頑張って参りましょう。

メカニカルな治療について

できるだけ器具を使わずに自分の力で治るほうがよいと考えています。たとえ器具の力できれいな歯並びになっても、正しい機能を身につけなければ元に戻ってしまいます。

一般的に使用する器具の数は

  • 犬歯が生える9~10才までに治療を終えた場合は上下で1~4種類の装置を使用。
  • 犬歯が生えた後の9~10才以降に終えた場合は上下で4~6種類の装置を使用。

※症例によってこれより少なくなったり、多くなったりします。


装置を使用する治療を具体的に症例集で見てみましょう。

[症例1]犬歯が生える前に治療を終えた下顎の乱ぐい歯

症例1

1.拡大床装置でアゴを拡げて、歯が並ぶスペースを作ります。

.拡大床装置でアゴを拡げて、歯が並ぶスペースを作ります

2.閉鎖型装置で前歯をワイヤーで挟んで並べました。2つの床装置を使用しました。

[症例2]犬歯が生えた後に治療を始めた下顎の乱ぐい歯

症例2

1.拡大床装置でアゴを拡げます。

拡大床装置でアゴを拡げます。

2.奥歯を後ろにさげます。          3.ゴムで手前の奥歯を引っ張ります。

4.固定式の装置を装着しました。 5.きれいな歯並びになりました。

4.固定式の装置を装着しました。 5.きれいな歯並びになりました。

永久歯を抜かずに矯正治療することができましたが、3種類の装置を使用しました。
期間も3年もかかりました。

犬歯が生える前に治療が終わればとても簡単に治療できます。お母さんがおかしいと気づいたら早めに診てもらいましょう!

治療費について

当院で行っている床矯正は早期に治療を開始して、短期間で簡単に治してしまえば治療期間は短くなります。当然、使用する装置も少なくてすみますので治療費も少なくてすみます。

当院では虫歯がある子が虫歯の治療をするように、歯並びの治療が必要な子はほぼ全員が床矯正装置とバイオセラピーの併用で歯並び改善の治療をするように心がけています。

【料金について】

■矯正検査料 【写真とレントゲン検査】
口腔内写真、顔写真、全身写真、レントゲン撮影、全体レントゲン(パノラマ撮影)、
【咬み合わせ検査】
咬合力検査(オクルーザー)、口唇圧(リットレメーター)
【型採り検査】
型採りのトレーニング、歯並び模型作成
¥32,400
■拡大式床矯正装置(ネジ付きの装置) 床矯正装置制作費 ¥64,800
床矯正装置更新費用、一回につき ¥32,400
■その他の床矯正装置(ネジ無しの装置)1装置 ¥32,400
■ムーシールド 1装置 ¥64,800

お子様の成長にもよりますが、一般的には犬歯が生えてくるまでの9~10才前後までに治療が終了する場合は、2~4個、それ以降まで治療が必要な場合は4~6個の装置が必要になります。

どんなに装置が多く必要なケースでも、固定装置中心の矯正治療のように、費用が100万円もかかることはありません。

出来るだけ早い時期に治療を終了するためには、お子様とご家族、そして当院とのチームプレイがうまく行くかどうかにかかっています。

そのために大切なことは、床矯正装置に頼るのではなく、バイオセラピー(生物学的機能療法)と呼ばれる食生活の改善や指しゃぶりなどの悪習慣の改善、姿勢や呼吸などのバランスの改善が大切です。

当院では、たくさんの子供たちが「きれいな歯並びになろう!」「かっこ良くなろう!」を合言葉に床矯正治療に取り組んでいます。

矯正治療の見積もりについて

※金額は全て税抜です。

治療内容 単価
検査 ¥30,000/回
一つ目の装置(上・下) ¥60,000/個
型を取る ¥3,000/回
二つ目の装置(上・下) ¥30,000/個
セラミックブラケット ¥5,500/個
メタルブラケット ¥5,000/個
ワイヤー ¥3,000/本
リテーナー(後戻り防止装置) ¥20,000/個

※ワイヤーは上下同時に交換した場合は合わせて¥5,000になります。

※現時点での見積もりになりますので、状況によって変更する可能性がございます。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ