小児歯科・床矯正治療に取り組むあまり歯科
ブログ
  • HOME »
  • 歯周内科

歯周内科

歯周内科について

薬で治す新しい歯周病治療

◇ 歯周内科治療とは?

簡単に言うと、「お口(歯周病)の除菌治療」です。
除菌方法は、モニターを用いた顕微鏡検査によりお口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨き粉を用いてお口の中をきれいに除菌するので確実です。

歯周病が進行していない場合でも、除菌方法を行うことにより、これからの歯周病が進行しにくくなるため、最適な予防法ともいえます。

◇ 歯周内科治療の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

【1】位相差顕微鏡による菌の確認
【2】細菌の除去薬剤の内服
【3】カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
【4】除菌後の歯石とり

特に【1】は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。
位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

歯周病菌を見る位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。

下の奥歯の内側の歯垢を少し採取し、それを位相差顕微鏡で観察します。

位相差顕微鏡でお口の中の歯周病菌やカビ菌を確認することができ、お薬の選択ができるのです。さらに位相差顕微鏡の動画像を拡大表示する機能を用いる事でわかりやすい説明を行います。

歯科医療の現場ではインフォームド・コンセントの意味合いから患者さんに自分の口の中の状態を知ってもらおうと位相差顕微鏡による検査が増えています。

お口の中やお腹の中には細菌がいっぱい!と頭では分かっていても、歯周病菌がウゴメク画面を見るとかなりの衝撃です!

歯周病菌がいなくなると、口の中がサラサラになり爽快感があふれ出てきます。
歯周病菌が7日でほぼ絶滅できる治療法です。

歯周内科治療の学問的位置づけ

歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後 は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。

また、はっきりと自覚 できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微 生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なく なることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。)

私たち会員はこのような画期的効果をもつ歯周内科治療を更に開発し、普及し、教育訓練し、ひいては誰でも治療を受けられるように保険償還上 の位置づけを確立することを目指しています。

歯周内科治療は位相差顕微鏡・動画管理システムを有する施設で実施されます。

国際歯周内科学研究会HPへ

医院のご案内

安心・安全な歯科医院

患者様をお守りする滅菌とは?

歯科医院でお口に入るもの・・・

削る機械、
小さな器具、
先生やアシスタントの手、
これらに菌がついていれば当然感染してしまいます。

これらは当然清潔でなければいけません。
バイ菌の全くついていないもの、汚れの全くついていないもの、この状態を作ることを「滅菌」といいます。

当院では、患者様の身になって考え、「清潔」な環境を整えるために、「滅菌」を行っています。

安心して歯科治療を受けることができる安全な歯科医院を目指しています。

患者様をお守りする滅菌

●患者様に清潔なものを

患者様のお口入るものは、誰も触れていない汚れのついていないものを使います。

紙コップ、紙エプロンなどディスポーザブル(使い捨て)製品も患者様ごとに新しいものに交換しています。

●私たちも清潔に

歯科医師の手、歯科衛生士の手、アシスタントの手もきれいにしています。不潔な手では、菌を感染させてしまいます。手洗い、そして新しいグローブをつけ、身だしなみにも気を付けています。患者様用の椅子もきれいに清掃し、お入りいただきます。

●安心確実な歯科医療を

私たちは、より安全、確実に治療を行うために、最新かつ最高の技術の習得に努め、患者様に、安心、安全、確実な歯科治療をお約束します。

当院は清潔な歯科医院作りを推進しています。当院のように日本全国に清潔な歯科医院作りを行っている歯科医院が増えてきています。

患者様お一人お一人に安全な歯科医標を提供するために予約をお取りし、清潔な準備をしてお待ちしています。

万が一ご来院出来ないときには、早めにキャンセルのお電話をお願いいたします。

医院のご案内

外観

外観

一階が歯科医院となっています。
何か困ったことがあればすぐに対応できるように、2階を住まいにしています。
看板がこのように出ております。

入口

入口

入口はこんな感じです。

受付

受付

こちらが受付です。
できるだけ心配りのきいた対応を目指しております。お気づきのことがあれば何でもご相談してください。

診療室

診療室

院内は、仕切りを大きくしできるだけ患者さんのプライバシーを守ります。
また、ドクターが患者さんの様子を一望できるレイアウトにしております。

炭酸ガスによる殺菌

炭酸ガスによる殺菌 炭酸ガスによる殺菌

空気、菌は写真では見えませんが、院内感染を防ぐ為の徹底的な殺菌を行なっております。(炭酸ガスによる殺菌)
できるだけ痛みのないように、できるだけこわくないよいように・・・もちろん衛生的にお子様の治療も安心して行えるようしております。
患者さんごとにグローブ、エプロンを換えております。また、高温に弱い物はガス滅菌を行っております。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

auto2

水道水をオゾン水にする機械です。

オゾン生成器

オゾン生成器

除菌・消臭効果を持つO3ウォーターを生成します。

位相電子顕微鏡

位相電子顕微鏡

こちらが、位相電子顕微鏡です。医師の視点で患者様も、自身に歯周病の疑いがあるかいなかを、はっきりと見る事ができます。また、どの程度の歯周病の疑いがあるかというのがわかります。

歯周病治療 歯周病治療

歯周病菌が動いているのが見えます おそらく、歯周病の方はこのモニターを見るとびっくりされるかと思いますが、歯周病菌が動いているのが見えます。また、治療を行なっていく課程で、どの程度減っているのか、全くいなくなったのか?感覚ではなく、はっきりと見ることができます。

歯周病治療

現代の歯周病治療は、菌レベルでの対応が進んでいます。歯周病の内科療法という新しいアプローチを行なうことにより、現代の成人病といわれる「歯周病」をなくしたい。それが、私の使命でもあると考えています。
まずは、歯周病の定期検診から、重度、難度の高い患者様も、「ブラッシング」だけでなく菌のレベルで見直してみてはいかがでしょうか。

PAGETOP