小児歯科・床矯正治療に取り組む歯科医院です。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ホワイトニング

タグ : ホワイトニング

ホワイトニング

Vividの照射について 

ホワイトニングとは過酸化水素水を主成分とするジェルを使って歯のエナメル質に変化を生じさせて、光の乱反射により、輝きながら白く見えるようになることです。

一般的に歯のホワイトニングには歯科院内で行われるオフィスホワイトニングと自身で行うホームホワイトニングとの2通りの方法があります。

最近ではオフィスとホームを併用することで安定的にホワイトニング効果を出す方法が主流となっていますが、ホワイトニングは「自らの意識が効果を左右する」すなわち、毎日のハミガキ同様に自らが【輝く白い歯】を手に入れる強い気持ちが重要なのです。

*オフィスホワイトニングとは

過酸化水素水の比較的高濃度のものを用いてハロゲンライトやLEDライトの照射により、即効的に効果を出す事が特長ですが、後戻りと言われる元の歯の色を再現してしまう時間も早いので継続させるには定期的な通院となります。

*ホームホワイト二ングとは

自分専用のマウストレイを歯科医に作ってもらい、ホワイトニングジェルをマウストレイに塗布して歯に装着し、毎日約20分間の時間をかけてゆっくりと効果を上げる方法です。後戻りも緩やかなのでゆったりとした気分でホワイトニングを楽しめます。しかし基本的に歯が元に戻る性質がありますから効果を持続するには定期的に行う必要があります。

Theorya(原理)

16個の青色LED(強力広角タイプ420nm~460nm)可視光練を採用しており、過酸化水素水のフリーラジカルを安定的に促進させる力があるので確実にホワイトニング効果を発揮します。

LEDは熟を発しないために、菌にダメージをあたえないので長時間の使用も心配ありません。

なお180°回転のローリングネックにより照射角度を自由に選択できるのでリラックスな姿勢でご使用頂けます。

vivid whitening syastem

ホワイトニングジェルとは・・・

HTTENING and BRUSHGEL PLUS WHITE

Beagin to Start Working in 8 Minutes

WWHITENlN Gand BRUSH GELは米国【PLUSWHlTE]CCA Industries,lnc とI・M・S株式会社との提携製品で過酸化水素水6%を主成分としたジェル状のホワイトニング剤で、可視光線に反応する触媒物質により光照射によるフリーラジカルの活性を俊敏に促進させるものです。容器は薬剤の耐久性と衛生面を考えたガラスを使用しており、フタ部分には歯面への塗布が容易となる柔らかいブラシが付いております。

― 米国FDA認可登録番号:2761603-03-3E ―
【容量10g・使用の目安:1日2回で約1ケ月】

プラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニング では、従来の痛そう、高そう、我慢することが多そう・・・」といったイメージをくつがえす、まったく新しい施術方法を導入しました。

痛みが圧倒的に少なく、白さは従来の3倍、ラジカル2.81倍、短時間の施術で終了でき、施術後すぐでもカレー、コーヒー等の飲食も問題有りません。

白くしたいときに何時でも出来るのが特徴です。

こんな方におすすめのプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングはこんな方にオススメ

(Laboベースアバタイト実験より) ※当社比 ※痛み方や効果には個人差がございます。

もう痛くない、全く新しい「ポリリンプラチナホワイトング」

ポリリンホワイトニングは、あらゆる生物の体内にもともと存在している生体成分である分割ポリリン酸を使用した、安全で非常に高い効果が期待されるホワイトニング方法です。

歯にダメージを与えない施術方法と、ポリリンコーティングによる幅広い効果効能は、歯科業界の注目を集めています。

ポリリンプラチナホワイトニングの特徴

従来のホワイトニング ポリリンホワイトニング
白さ 薬液によって着色するので透明感のない白さになります。 プラチナナノコロイドの効果でキラキラ輝く自然な白さになります。
痛み 知覚過敏になることもあります。痛みを感じやすい。 痛みを感じることは非常に少ないです。
色戻り 歯をコーティングしていないので施術直後は特に着色しやすいです。 分割ポリリン酸が歯をコーティングし汚れも付きづらくなり透明感のある白さが長持ちします。
保護力 ホワイトニング剤を歯の表面に塗り色素を分解します。歯にダメージが残ります。 ポリリンコーティングにより、歯を傷つけにくく、歯の表面もコーティングされ歯質が強化されます。
お食事 カレー・コーヒー・ワインなど施術直後は特に食事制限があります。 施術直後でもまったく食事制限は必要ありません。
施術時間 次回まで2~3週間の期間が必要です。 1日何回でも大丈夫。

PAGETOP