小児歯科・床矯正治療に取り組むあまり歯科
ブログ
  • HOME »
  • 小児歯科

小児歯科

小児歯科専門の歯科医院ってどれくらいあるのでしょうか。

小児歯科

全国で歯科医院は7万医院位あります。直近の統計では歯科医師の総数は10万人を越え、巷では過密とか歯科医師・冬の時代などと言われています。

一方で、一部専門家からは専門医不足が指摘されており、単に歯科医師数の充足だけを目的としてきた厚生労働省や文科省のこれまでの政策が壁にぶつかっているのは明らかです。不足が指摘されているのは「小児歯科専門医」です。前回のこのコーナーでも説明しましたように、小児歯科というのは高度に専門的な分野です。

もちろん、お誕生から18歳くらいまでの全ての子供達が小児歯科専門医の治療が必要ということではありません。ただ、適切な時期に小児歯科専門医の治療を受けていれば、その後の歯列咬合の発育や、治療の必要度が大きく変わっていたであろう症例は数多くあると指摘する開業医もいます。

実際には、ご自分のお子さんの歯並びや咬み合わせの程度や歯科治療の必要性が、専門医に診てもらうべきレベルなのか、そうでないかの判断はできません。近くのかかりつけ歯科医院で診てもらうのが一般的で、必要に応じて専門医を紹介してもらえば良いのです。

最近ではセカンドオピニオンの考え方も広く浸透してきましたので、かかりつけ歯科医の説明でわからない場合には専門医の意見を聞くことも可能です。インターネット全盛の現代では、医療機関を探すなどの場合、YahooやGoogleで検索するのが一般的になっています。まして小児歯科を探す30代~40代のお母様方は、最もネットを多用する世代でもあります。ところがネットでは情報が氾濫していて、普通に調べただけでは正確な情報には辿り着けません。中には大学を卒業してから4~5年位で「○○専門」とか「△△の第一人者」と謳っているホームページも散見されます。

自分のお子様に合った小児歯科専門医を探すにはどうすれば良いか。

多くのお母様方が検索する代表的なサイトはNTTのiタウンページhttp://itp.ne.jp/、あるいは児童向け教材や通信教育で有名なベネッセが運営するウイメンズパークなどがあります。http://women.benesse.ne.jp/

これらのサイトで「東京都の小児歯科」と検索してみると、iタウンページでは2971件、大阪府では2000件位です。全国では3万件位あるようです。この数字は「小児歯科」を標榜している歯科医院の数です。

これをウイメンズパークで調べてみると、東京都で890件、大阪府で650件となり、全国で7500医院が登録されています。登録基準は明記されていませんが、その信頼性はインターネットの世界では定評があります。

さらに最も確実で正確な情報源である日本小児歯科学会認定医名簿では、小児歯科専門医は全国で500名しか登録されていません。http://www.jspd.or.jp/

多くの学会のホームページが専門医の名簿を掲載していますが、その多くは検索の便利さという点では、他の商用サイトに比べて劣っていると言わざるを得ませんが、本学会のホームページでは、かなり詳細な情報を丁寧に掲載してあります。このように、単に「小児歯科」と検索しただけで得られる情報には色々な分類があると言うことを、良く知る必要がありそうですね。

乳歯の虫歯が歯並びに影響

最近、よく乳歯のむし歯が永久歯の歯並びに影響しますか??

とお母様科だから質問を頂きます。そして、最近では永久歯の歯並びに影響するだけではなく、永久歯の虫歯に「感染する」可能性も論じられています。

乳歯のむし歯をそのままにしておくと、萌出前の永久歯に影響を与え、歯の石灰化を阻害したり、エナメル質形成不全症という状態になることがあります。

乳歯の治療について

最近でこそなくなりましたが、20世紀末あるいは昭和の時代には「どうせ抜け替わるんだから、乳歯の虫歯は治療しなくても良い」などと考えるお母さんたちもいて、ひどい場合は「乳歯の虫歯は治療しないでください」と言われることもありました。

そもそも乳歯の段階で、たくさんのむし歯が出来るのは、何らかの生活習慣や口の中の悪い環境が原因で、結果的に永久歯も同じようにむし歯になる可能性が高いのです。

従って、乳歯のむし歯は当然のことですが、大人の歯並びに影響します。個人差はありますが、乳歯は2歳前後に萌えそろい、ほぼ12歳まで使います。

中学生になる頃、あるいは女の子からお姉ちゃんになったり、声変わりしたりする頃にはほとんどが永久歯に萌え変わります。

乳歯の役目は、咀嚼の他に、顎や顔の発育に大きく影響します。歯並びを直しただけで、一重まぶたが二重まぶたになったなんて例もある位です。

顎や顔の成長は体の成長とは仕組みが違い、顔の大きさはともかく乳歯の生えている10年間位の間に成長の方向性が決まってきます。

むし歯を始めとするいろいろな原因で、早期に乳歯を抜歯してしまうと、咀嚼力や口を閉じる口輪筋の力が弱くなり、顎や顔が十分に成長せず、永久歯の萌えるスペースが足りなくなり、横や脇から出てくるなど、歯並びが悪くなるのです。

あまり歯科では乳歯の抜歯は極力おこなわず、出来るだけ保存し、咀嚼力や口を閉じる口輪筋の力が発揮出来るよう心がけています。

子供の治療とTSD法

先日、他院から当院転医された患者さんが、他の小児歯科で治療を受けたが、最初からスタッフ総出で押さえつけて治療を受けるような状態で全身麻酔での治療を進められたが、親としても安全であれば全身麻酔での治療を希望しますが、全身麻酔は年齢的には問題ないでしょうかというような質問を頂きました。

一般的に、子供の歯科治療における適応年齢は、母親以外との会話が可能となる3歳頃からといわれています。

知らない場所や人に対する恐怖心も芽生えたり、「本当に悪い子ね!歯医者さんで注射してもらうよ」などの母親の心ない言葉により、病院や歯医者は、怖いところだという潜在意識をもってしまうのです。

子供の白い歯

 

歯科の麻酔について

次に歯科麻酔についてですが、大人、子供の区別なく治療に必要と思われたときは使用します。麻酔は局所麻酔と全身麻酔とに大別できます。一般的に、開業医レベルでの麻酔は、局所麻酔(歯を抜くときや、歯の神経をとるときに使うものです)や、治療前に前投薬といわれるくすりを使用したり、笑気などの吸入鎮静法を行ったりすることが主になります。静脈内鎮静法や全身麻酔は、全身管理ができる設備があり、麻酔医がいる病院で行うものです。

時々報道される歯科治療中の麻酔で亡くなった例を聞いて心配されているお母様方も多いですが、確かに麻酔薬の中には、薬剤を安定させるための種々の添加物がごく微量含まれており、アレルギー性ショックを起こす可能性は否定できませんので、一般的には麻酔薬を使用する前に、皮内テストをしておくこともよい方法と言われています。

この他、麻酔の針を刺す時の痛みを和らげる表面麻酔を使用したりすることも必要です。

虫歯の深さにもよりますが、強い痛みがないようであれば、しばらく治療をお休みして、忘れた頃に治療を再開するのも一つの方法です。

子供が歯の治療で泣くのは、

実際に痛いのではなく、何をするのかわからない怖さが大きな要因であり、多くの小児歯科医がTSD法という手法を用いています。

T(TELL)チェアに座ったまま、使用する道具を実際子供に持ってもらいわかりやすい言葉に置き換えて説明。
(バキューム→掃除機など)

S(SHOW)コップにむし歯を削る道具から水をだしてバキュームで吸ってみせる。
(何回かやることで音になれてもらう)

D(DO)鏡を見せながら口の中でカラ回しの練習後治療をスタート
(麻酔は鏡で見せない)
痛みがないときは慣れるまで練習を何回か行うことがあります。ほとんどの子供たちは1回で上手に出来るようになります。
子供たちが楽しく治療して帰ることができる工夫がまだまだありますよ。

初めて見るような恐ろしい機械が並ぶ歯科診療室は、子供ならずとも、恐怖や不安をかき立てるには十分な空間です。

治療を急ぎすぎて、子供の頃の治療がトラウマになるような事態は避けたいモノです。

ToothFairyプロジェクト

◆ ToothFairyプロジェクトとは

海や船の活動で知られる日本財団が進めているToothFairyプロジェクトをご存知ですか。

このプロジェクトは日本財団と日本歯科医師会が行う社会貢献プロジェクトです。全国の歯科医院で行われている歯科治療により不要となった金属を寄付して、ミャンマーを始めとする海外での学校建設プログラムや小児がん撲滅プログラムなどに活用します。歯科医師だからできる社会貢献プロジェクトとして注目を集めています。

日本財団と日本歯科医師会の協力により、2009年6月より開始された「トゥースフェアリー(Tooth Fairy)」=歯の妖精=プロジェクトは、全国の歯科医院で治療の際に不要になった金歯などの撤去金属を日本財団に提供し、リサイクルして得た資金を様々な公益活動に充てるものです。

トゥースフェアリーとは歯の妖精という意味で、欧米に伝わる「抜けた乳歯を枕の下に入れて寝ると、歯の妖精がご褒美をくれる」という言い伝えから、この名前が付けられたそうです。

日本財団によると、ヨーロッパなどでは既にこうした活動が実施されているようですが、歯科というひとつの業界をあげて社会貢献活動を行うというのは世界でも初めてとのことだそうです。昨今の「小さな政府」という時代の流れにも沿ったもので、「民」の立場から「公」の仕事を担う仕組みづくりとして注目されています。

日本財団は、集まった歯科撤去金属をリサイクルし、ミャンマーの学校建設、小児がん患者支援など公益活動に充て、活動内容、収支報告はすべて公開しています。また、金属のリサイクルについては、業者の信頼性が必要なこと、自社分析工場を持っていることなどを勘案し、以下の4社と基本契約を結んでおります。

相田化学工業株式会社、アサヒプリテック株式会社、松田産業株式会社、横浜金属

◆ 寄付の使われ方1:「TOOTH FAIRY 学校建設プログラム」

経済発展が著しいアジアの中でも、ミャンマーを始めとする一部の国・地域では子供たちの“学びたい”という希望に十分応えることができません。「TOOTH FAIRY 学校建設プログラム」は、厳しい環境にあるミャンマーなどで学校建設を進め、学校運営に必要な資金を捻出するための収益事業も組み合わせることが特徴です。

例えば電気のない村では小規模水力発電を行い、村に電気を供給して利用料を徴収し、それを学校の運営資金にあてたり、子ども達への奨学金にも使われたりするそうです。

◆ 寄付の使われ方2:「TOOTH FAIRY 小児がんプログラム」

「わずか2坪の空間」。この狭い空間で、小児がんの子供達は半年以上を病と闘いながら成長していかなければなりません。医学の進歩で小児がんの7割は助かるようになりました。しかし、化学療法は子供の口腔内に大きな負担を強い、歯科医療との連携がとても重要です。

「TOOTH FAIRY小児がんプログラム」は、小児がんと闘う子供たちを応援します。

だ液のパワー

皆さん、だ液にはどんな働きがあるかご存じでしょうか?

普段あまり意識することがないだ液ですが、実は驚くほど様々なパワーを持っているのです。

だ液が通常通りでていれば、口の動きも滑らかになり、食べ物が飲み込みやすくなったりするだけではなく、消化酵素やミネラル成分の働きで口の中の殺菌、歯の再石灰化まで効果があります。

だ液がたくさん出るような食事指導

当院ではだ液がたくさん出るような食事指導、歯の再石灰化を促進してくれるフッ素(フッ化物イオンジェル)塗布、フッ素洗口指導を行っています。

実はむし歯を早く見つけて、すぐ治療する方法が必ずしも健康を守るということにはならないというのが最近の考え方です。

むし歯を削って金属などで修復して、その後二次う蝕という新しい虫歯歯が進行して、どんどん自分の歯が失われ、最終的には抜歯になったりすることもあるからです。

専門的には歯源性疾患と呼んでいます。

あまり歯科では、特に小児の予防歯科に力をいれています。

定期的に来院していただき、予防処置を行うことで、歯を削る治療は最小限にとどめ、将来的にむし歯が全くない口の中になるよう努めています。

キシリトールについて

さらに最近では、キシリトールという予防効果のある甘味料がガムなどにはいっていることが多く、むし歯予防に一役買っています。

このキシリトールは天然素材の甘味料で、樹木や果物に含まれます。

虫歯の原因のミュータンス菌が作る酸によって歯の表面が溶けて虫歯になりますが、キシリトールは酸そのものを作らせないためむし歯になるのを防いでくれます。

キシリトールを摂取すると歯垢が減り、むし歯の表面を固くする再石灰化効果を高めます。

さらに虫歯予防には歯ブラシ選びも大切なポイントです。

形や色にこだわる人でも、歯ブラシの大きさや硬さには無関心な場合が多いようです。

仕事の関係でアメリカに赴任された患者さんから、ドラッグストアに並んでいる歯ブラシが、日本のものと違いどの歯ブラシもとても大きく、太いのに驚いた、どうすればいいかとメールを頂いたことがあります。

やはり歯ブラシのヘッドは小さめで比較的やわらかいものの方が、奥歯の届きにくいところも磨きやすく、歯肉を傷つける危険も少なくなるからです。

元気な子供たち

中村桃寧ちゃん、颯太君の姉弟です

中村桃寧ちゃん、颯太君の姉弟です。二人とも、いつも笑顔で可愛いです。早く綺麗な歯並びにしようね。

中村桃寧ちゃん、颯太君の姉弟 中村桃寧ちゃん、颯太君の姉弟

臼井理乃(りの)ちゃん10歳

臼井理乃(りの)ちゃん10歳です。床矯正をはじめてもう少しで1年になります。6年生までに終わるように頑張ろうね。

臼井理乃(りの)ちゃん

吉田夢衣(ゆい)ちゃん7歳

吉田夢衣(ゆい)ちゃん7歳です。

いつもニコニコ笑顔で歯科治療も平気です。この前生まれて初めて歯型をとりました。

やっぱり平気でした。歯がキレイに並ぶまで頑張ろうね。

吉田夢衣(ゆい)ちゃん

朱寧ちゃん 10歳

朱寧ちゃん10歳です。真面目で頑張りやさんです。矯正を始めて1年半が経ちました。最後のワイヤー矯正にはいりました。後少し頑張りましょう。

朱寧ちゃん 10歳

里菜ちゃん 9歳

荻野 里菜ちゃんです。 9歳です。
床矯正を3年しています。現在八重歯にならないように経過観察中です。
3人姉妹のおねえちゃんです。いつも、笑顔が素敵で、明るい子です。

荻野 里菜ちゃん

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ